構造解析ことはじめ/03 プログラムのインストール

MOLMOL 2K.2のインストール Vine5 CentOS6  

2013/08/19:CentOS 6.4(x86_64)でインストール確認

2010/09/09

MOLMOLのインストールを行います。いくつかファイルを修正する点がありますが、手順はシンプルです。Vineの場合のポイントはlibGLw(GL Widgets)です。CentOS 6では標準パッケージのみで対応可能でした。

ファイルのダウンロード  

すでにサポートはされておらず、ダウンロードサイトだけが存在します。作者の方が異動(?)されたらしく、場所が変わっています。

上記のサイトにはMolMol-2k.2.0.zip(Windows版?)およびMolMol2k2.0.tar(Linux版)があります。Linuxでビルドする場合はMolMol2k2.0.tarをダウンロードして展開すると必要なファイルが含まれています。

依存パッケージのインストール  

Vine 5の場合  

aptでのインストール
ビルドするためのパッケージをインストールします。
libGLwについて
また、Motifに対応したlibGLwが必要なので以下のパッケージをインストールします。mesaパッケージをGLw、Motifを有効にしてビルドしたものです。詳細はパッケージ置き場を参照して下さい。

なお、libGLwを作成したSPECファイルも置いておきます。ソースはmesa-libGL-7.4.1-2vl5です。

CentOS 6の場合  

2013-08-19追記 by どぶお

CentOS 6.4でインストールを確認しました。 依存パッケージはyumでインストール可能なようです。依存が結構多いのですが、とりあえず以下のパッケージが必要です。それ以外はエラーが出るたびに追加してください。

以降、MOLMOL本体のインストールはVine5と同様です(パッチも共通でした)。

展開とファイルの修正  

FTPサイト( ftp://ftp.mol.biol.ethz.ch/software/MOLMOL/ )からダウンロードします。この中のunix-gzip中molmol-2k.2.0-src.tar.gzおよびmolmol-2k.2.0-doc.tar.gzをダウンロードします。
アーカイブファイルをダウンロードしたら適当なディレクトリに展開します。トップディレクトリが存在しないので/usr/local/molmol-2k.2.0を作成します。展開後、パッチを当てます。

# cd /usr/local
# mkdir /usr/local/molmol-2k.2.0
# cd /usr/local/molmol-2k.2.0
# tar zxvf molmol-2k.2.0-src.tar
# tar zxvf molmol-2k.2.0-doc.tar

展開したらパッチファイルを当て、リンクをはります。

# patch -p1 < molmol-2k.2.0-vl51.patch
# ln -s makedef.lnx.mesa makedef

インストール  

後はmakeしてインストールスクリプトを実行するだけです。

# make
# ln -s src/main/molmol molmol.lnx
# ./INSTALL

以上で完了です。

セットアップ  

インストールディレクトリにパスを通せば使用可能になります。.cshrcなどに記述して下さい。

setenv PATH /usr/local/molmol-2k.2.0:$PATH
添付ファイル: filemolmol-2k.2.0-vl51.patch 1353件 [詳細]